黄杏初

- 又一个WordPress站点
首页 / 全部文章 / 正文

手机网上交费【视频】【ふりがな付き】1玉1万円以上する「四角いスイカ」が日本で大人気-人民网日文版

2019-02-03 全部文章 57 ℃
【视频】【ふりがな付き】1玉1万円以上する「四角いスイカ」が日本で大人気-人民网日文版干将发硎
手机网上交费


猛暑(もうしょ)が続(つづ)く中(なか)、真夏(まなつ)の暑気払(しょきばら)いに効果的(こうかてき)な果物(くだもの)がスイカだ针孔旅馆2。日本(にほん)では、一般的(いっぱんてき)な球形(きゅうけい)のスイカ以外(いがい)にも、サイコロ型(がた)の四角(しかく)いスイカが人気(にんき)を集(あつ)めている误闯疯人院。このスイカの価格(かかく)は約(やく)16200円(えん)で、果物(くだもの)の平均価格(へいきんかかく)が比較的高(ひかくてきたか)い日本(にほん)でも、通常(つうじょう)のスイカの3~5倍(ばい)の価格(かかく)である赵云墓。四角(しかく)いスイカの年間生産量(ねんかんせいさんりょう)は数百玉(すうひゃくたま)しかなく、店頭(てんとう)での販売価格(はんばいかかく)も2年前(ねんまえ)に比(くら)べて25%値上(ねあ)がりした重生中考后。このような高価格(こうかかく)でも、四角(しかく)いスイカの売(う)れ行(ゆ)きは非常(ひじょう)に良好(りょうこう)だという画圣是谁。
四角(しかく)いスイカは日本(にほん)の香川県(かがわけん)の特産(とくさん)で、毎年(まいとし)5月中旬(がつちゅうじゅん)になると、農家(のうか)の人々(ひとびと)は成長段階(せいちょうだんかい)のスイカを18センチ四方(しほう)の立方体(りっぽうたい)の型(かた)の中(なか)に入(い)れ、四角(しかく)い形(かたち)になったら中(なか)から取(と)り出(だ)すwps秀堂。元々(もともと)この方法(ほうほう)で栽培(さいばい)を始(はじ)めたのは、輸送(ゆそう)の時(とき)に並(なら)べやすくするためだったが、後(あと)になってから四角(しかく)い形(かたち)を維持(いじ)するためには、スイカを成熟前(せいじゅくまえ)に収穫(しゅうかく)する必要(ひつよう)があるため、甘味(あまみ)が少(すく)なく食用(しょくよう)には適(てき)さないことが判明(はんめい)したという半妖怜。しかし、そのユニークな見(み)た目(め)から、四角(しかく)いスイカは多(おお)くの消費者(しょうひしゃ)から人気(にんき)を集(あつ)めている曹明芳。近年(きんねん)、四角(しかく)いスイカは海外(かいがい)にも販売(はんばい)されており、その他(ほか)にもハート型(がた)やピラミッド型(がた)のスイカなど、変(か)わった形(かたち)の果物(くだもの)が日本(にほん)で注目(ちゅうもく)されている李延镇。
おススメ
【ふりがな付き】日本と梅干し
【ふりがな付き】日本の建築家施宁杰?岡本慶三氏 「農村設計で中国本来の文化を
掘り起こす」
【ふりがな付き】山東料理の料理人「中国料理が無形文化遺産候補になるのは時間の問題」
本微信号内容均为人民网日文版独家稿件贝蒙斯坦,王敏彤转载请标注出处邢台华夏医院。